.FR a l'epoqueのどーでもよさげな話し。

フランス『アンティーク』『ヴィンテージ』オンライン蚤の市。
.FR a l'epoque (ポワン エフエール ア レポックのブログ
<< なんとなく、見かける事ない。 | main | 個人的コレクション >>
祝日の過ごし方。
0




    雨、雨 あめ アメ 飴 編め=!



    もう何日雨なん??

    どんより、ヨーロッパ特有のあの雲のパリです。



    祝日のこの日は、いつものパトロール同僚のお友達と

    お友達になったので、映画に行ってきました。



    雨ダッツーーーーのに、すっごい人。

    ホントに好きね、あんた達、映画が。。



    と、しみじみ思いました。



    前にも書いたかもしれませんが、自分、おフラで映画を見ると、

    金の払い損になるので、あまり行きませんが、

    ここまで、どんより雨だと他に選択肢がなく、、

    映画の後の、女2人ショッピング〜。も楽しいかと思い

    「ok,行こう、映画に!」

    と、いそいそと出かけました。



    今回は、potiche 



    ジャポンでもおなじみの監督François Ozonの新作です。



    俳優軍も、いい感じ。



    1977年の時代設定ですが、出だしっから、

    「あ〜〜〜、70年後半〜」

    と思う、あの襟のジャージ、そしてスニーカーは、

    アディダスのスタンスミスのCatherine Deneuve



    あの形のコートに、あの形のブラウス、ワンピース、

    パンツ ベストー〜そして、柄はあんな感じで〜

    (で、間違いなく、それの素材はポリでしょう?)



    という「ザッツ 70’s」でした。



    お判り様に、自分、内容の詳しい所は、判っておりません。。

    大体の内容は判っていても、その時代の主婦大好きお昼の番組

    などの、ギャグには着いていけません!



    でも、大人の女性は、見てて元気になる内容です。



    やっぱり、映画は楽に観れて元気になれるものに限る!

    と一昔前の自分とは、まるっきり別の意見になっておる自分でした。

    (だって、娯楽だもん〜)



    さらっと、気分が味わいたい方はこちら。

    ポスターをクリック、クリック。
    | rietarm | 鑑賞編 | 05:17 | comments(2) | -
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 05:17 | - | -
      1977年前後と言えば15歳から16と歳あたりのおいら
      popeyeが創刊になったころで、すっかり西海岸のkids気取りのあのころ、部活もしないで、スケボーを毎日してました。
      お金を貯めて買ったのが、アディダスカントリー!もちろんフランス製でしたね。テニスもブームでしたから、スタンスミスも人気でしたよ。とこんな話は止まらなくなってしまいます。
      気がつけば30年以上前の話なんですね・・・・がっくし
      | @先輩 | 2010/11/17 10:32 PM |

      先輩。
      今迄、先輩がいつくかあまり考えた事はなかったけど、そのくらいのお年だったのですね〜。
      30年前、、
      この仕事をしていると、あまり古くない気がしてしまいますが、そう考えると〜だな〜
      | rietarm | 2010/11/18 12:55 AM |










         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      このページの先頭へ