.FR a l'epoqueのどーでもよさげな話し。

フランス『アンティーク』『ヴィンテージ』オンライン蚤の市。
.FR a l'epoque (ポワン エフエール ア レポックのブログ
<< 祝日の過ごし方。 | main | LiVE!!! ノリノリ >>
個人的コレクション
0




    ボンボンボンジュール〜。



    いよいよもって日中も10度を下回る今日この頃。

    鼻水が垂れていても気付かない季節になりました。

    この先は、さらに、鼻が付いているのかも判らない季節になります。

    ジャポンはどーでしょう??



    今日は。。

    個人的に前々から集めている物があります。



    上のモノ達です。

    わかりますでしょうーか???



    これ、雑誌ではありません。

    purse ですね。

    プラスティック製の。



    70’s辺りに色々な雑誌カバーで、色んな国で生産されているのですが、

    素材も素材なだけに、あんまり見つからないのです。



    10年前辺りなら、まだ見つかりやすかったと思いますが。。



    パリ自宅に数個、日本自宅に数個、確保しています。

    そして、同じ柄のものを持ってたりします。



    昔は、70’sのガラガラ服など、かなり着ていましたが、

    今は60’s以降のモノは、このpurseのみ食いつく様になりました。



    vintageも好きだけど、antiqueも更に好き!

    そして、そのantiqueものも、へんに高価なモノではなく、日常物の方がもっと好き。



    という個人的な意見で、サイトも、かなり年代にこだわらず商品を集めているわけです。

    一見ひっちゃかめっちゃかなセレクトですが。。



    ちょいとそれると、、

    なんなら新品物も好きなわけです。

    でも、モードモードではなく、ブランドに、こだわりやオリジナリティーがある物、「あまり必死さが出ていない」が自分ポイントです。例えば、○ジェラも好きなのですが、スキャパレリの様なエスプリを持っているからなのですね。。



    そして、たまーにお話ししているように、音楽が死に踊りするほど好きなのですが、

    音楽に限っては、新しさを持っている新しいものが好きです。



    フランスアンティーク屋だから、ブリジットバルドー などは

    出来上がり過ぎていてつまらないと思ったりします。

    (好きですけど、ブリジットバルドーも。)



    なにが書きたかったかマルっきり判らなくなってきました。。



    うーん〜。



    モノがあっての自分ではなく、自分あってのモノなので、

    古物の良さを、今現代にいる自分スタイルの消化できたらいいな〜と。



    いや、違う。

    こういう事じゃなかった。。



    よく分からなくなってきたので、

    今後とも、.FR a l'epoqueを宜しくお願いいたします。

    と、〆てみる。
    | rietarm | アンティーク ヴィンテージ  | 02:04 | comments(0) | -
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 02:04 | - | -









         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      このページの先頭へ