.FR a l'epoqueのどーでもよさげな話し。

フランス『アンティーク』『ヴィンテージ』オンライン蚤の市。
.FR a l'epoque (ポワン エフエール ア レポックのブログ
<< 今日は積もった。 | main | 前から気になっていたのですが。。 >>
1878
0




    先日、まったくもっておめでたくない誕生日を迎えた管理人です。



    ココ最近は、気付かないふりをしております。



    それはさておき、いつものパトロール仲間に

    お誕生日プレゼントとして、

    レースとgienの本を頂きました。



    レースの参考本は、1冊しか持っておらず、

    探してはいたのですが、なかなかうまく欲しい内容を

    網羅しているモノは見つからなかったわけです。

    なので、人に聞いたり、見たりで色々調べておりました。



    頂いた本が「フムフム。」というまでの内容ではなかったのですが、

    やっぱり人から頂けると、嬉しいし、いっぱい使ってやる!と思うわけです。



    そして、もう1冊。

    gienの本。



    特に、gienファンという訳ではないのですが、

    きっと普段一緒にパトロールしている彼からみて、

    「これは。。」と思ってプレゼントしてくれたのだと。



    早速持って、愛用のカップのマークを。

    1878年物でした。

    (正直、知っていたのですが。。)



    でも、確認!!!!ということで。



    このカップ、異様に好きでして、本当はソーサーも存在するのですが、カップのみで発見したものです。



    同じシリーズの、カフェオレボールも何回か脇役として

    サイト上にお目見えしております。



    そして、確認後に、噛み締めてカフェを飲む自分。。



    「う〜ん、マンダム!」



    *マンダムという単語が何なのかよくわからんが。。

    フランス語なのだろーか??



    話はころっと変わりますが、先週、友達から頼まれて

    maison goyardのブティックに初めて立ち寄る自分。



    あまりの慣れない事に、最初間違えて、犬用のブティックに入ってしまった。



    「何げに、小さい。。」と思いながら。



    大分たってから、

    「げ!犬用じゃん」

    「間違えた!お向かいだ!人用は。」



    と、普段立ち寄らない高級ブティック地区に行った為

    久々、有名店コレットへも。



    セレクトショップでは、すっごい有名ですが、

    これまた正直に、あんま分かんない。、

    トキオにいっぱいあるセレクトショップと何が違うのか?

    多分、発信地なんだろーけど。

    もっぱら、本の立ち読みショップです。



    ここがどっぷりとモードに馴染めない理由か?



    そして、コレットと言えば、

    Chicks On Speedで止まっている自分。



    思えば、10年以上前(古くってすみません)に

    確かカールラガーフェルドがショーに使った時には、

    大分センセーショナルでハマりました!!!!



    何となく、気になって調べてみたら、今も活動してるのね〜。

    すごいな〜〜〜〜。

    今の曲を聞いてみたが、やっぱりあの時の曲の方が好き。



    パリで知り合ったオーストラリア人のお友達が

    友達のおねーちゃんが、Chicks のメンバーと言っていたのを思い出し、連鎖状に色々思い出しました。



    昔聞いてた曲とか、聞いただけで当時の事が

    すーーーーーと頭に帰ってくるから凄いな〜。



    と、また何だか分からん内容ですが、

    「音楽とファッションは、昔も今も繋がっているのね〜

    と思った」

    という事で。。








    | rietarm | アンティーク ヴィンテージ  | 07:40 | comments(0) | -
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 07:40 | - | -









         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      このページの先頭へ