.FR a l'epoqueのどーでもよさげな話し。

フランス『アンティーク』『ヴィンテージ』オンライン蚤の市。
.FR a l'epoque (ポワン エフエール ア レポックのブログ
<< 予告編(久々) | main | あの子再登場 >>
イライザ風パリジェンヌ
0
    昨日、友達に連れられて

    なんと、タロットをしてもらいにbarに行って来ました!



    と在るbarで(ごく普通のbarなのですが)

    火曜日はタロットをしてくれる人が来ていて

    ただで見てくれるのです。



    本当は、予約もなんもとらないのですが、

    友達の同僚が、そこのマダムと仲が良いらしく、

    特別に予約をとってもらい行って来ました!



    いつもは、3人ほどタロットやってくれる人がいるみたいなのだけど、昨日は1人のみ。



    しかも、結構有名らしくお店があく17時から、

    タロットをめがけて、いっぱいのお客さんが待っているそうで、

    その日も、結構、すでに待ちの人がいました。



    まあ、何を聞いたか?何を言われたか?は伏せておくとして、、、



    実は、自分、去年の暮れに急に思い立って(またかよ。。)

    今年っから、タロットを勉強しているです!



    それも、普段よく見かけるタロットではなく、

    マルセイユタロットという古いやつの方です。



    このマルセイユの方は、なんて言うか、

    占いとかそういったことではなく、もっと心理的というか、

    精神的というかそんな感じで、

    とか言って、=神がかった=とか、そんなワケでもなく。。

    なんせ、まだまだ入門編なので、うまく言えませんが、

    一言でいうと占いではないと思っているわけです。(自分は)

    その道の専門の方から見ると、「何を知ったように、」

    と思われると思うので、それもこの辺で。。



    そもそも思い立った理由も、

    「ちょっと将来的にやってみたいかも」と友達と話していた

    次の日のパトロールで、たまたまカードを見つけたからなのです。



    いままで、気にしていなかったからか、パトロールで見かけることも無かったのに!



    そこで手にしたのが、マルセイユ〜の方だったので、

    そのまま、そっちの勉強を始めました。



    で、



    そのbarでやってくれた人も、マルセイユ〜の方だったのですね。

    元々は、トランプと同じように、カードゲームとして

    ヨーロッパでは親しまれてたらしいので、フランスではマルセイユが主流なのかもしれませんが。



    まあ、一緒にいった友達は、異様にビックリしていました!

    自分に言ってくることが、まさにその通りだったかららしく。。

    聞いてる本人は、至って「そうっすか。。」って感じだったけど。



    その日は、友達の友達、、の友達、と計8人での約束だったらしいのですが、

    実際、友達が現れたのが1時間程あと、その友達の友達が現れたのが、さらに1時間後。



    自分は、マルっきり誰も知らないわけですが、

    友達は、まずその事にちょいとお冠!



    結局、見てもらえたのがうちら2人+後から来た通称友達の友達

    (ってココまでで、何回友達ってかいてるだろ?)

    のみでした。



    そんなことは、どーでもよくって、書きたかったことはこの後からなんですね〜



    ココからは、かなり批判なんで、お目通し非推奨です。



    そのその他大勢(ここから、もう「その他大勢にします」)

    が所謂パリジェンヌなんですね。

    ここで自分がいうパリジェンヌは、良い意味ではなく

    意地悪な言い方の方です。



    その他大勢は、友達同士なんですが、

    見かけそっくり、着ているものそっくり、

    どこどこのパーティーに行って、どうだった。

    誰々の男が、どうだこうだ。

    そんな、自分たちだけの話題のみぴーちくパーちく話して、

    「じゃ、次ぎいく〜?」と去って行きました。。。



    ああああ、疲れた。。。



    正直、自分、この系のタイプ苦手なんです。

    そして、パリには多い気がします。



    なんつーのか、似た物同士が友達になるのは当たり前だし、

    似てくるのも当たり前なんですが、

    鼻高々の、自分たちイケてるでしょ〜!臭がきつい。



    自分にとって、パリの若い子は(といっても、30代前後ぐらいまで)みんなこんな感じかな〜とひとくくりにしている所が

    ずーっとあったのですが、



    実際、一緒に行った友達も最後マルっきり同じことを言っていました。

    「気に喰わねー!」と。。



    そうなんだ。。やっぱそうなんだ。。



    と改めて思ったわけです。

    まあ、どーでもいいことなんですけどね。。

    結局は、人から見た自分の評価を気にしているわけで、

    ソレが嫌いな、自分も、自分の友達も、

    一方、その他大勢も、良し悪しもなく、どっちもどっちなんで。



    そんなこんなで、今日は

    museeに行って来ました。



    見たいのが、今週で終わってしまうので、急いで行って来ました。


    ">Fashioning Fashion. Deux siècles de mode européenne, 1700-1915




    (14日で終わってしまう展示なので、このリンク先も

    消えてしまう可能性大です。)



    1700年〜1915年までの、自分にとっては

    ナイスは年代区切りです。



    見ていると、

    「これ、似たの持ってるな。。」というのが少しだけですが、あったりして、

    サイトの詳細で書いている年代、、もしかしたら、もう50年ぐらい掘り下げてもよいのでは?と思いました。

    もちろん全部ではなく、ほんの一部ですが、

    特にレース系の1800年後半ってかいてあるやつです。



    すっごくっポイなーって思ったのが、

    展示の説明に、「靴 ○○年フランス」とか書いてあるんですが、

    ドレスの中に履いているらしく、



    「見えねー!!!」



    というのが、1点ならず、チラホラありました。



    そんなこんなの今日この頃です。

    先に、感じ悪いこと書きましたが、、。



    続きのベンチ入りです。





    4363





    4353





    4383





    4377





    4379



    よろしく哀愁です。
    | rietarm | 鑑賞編 | 07:57 | comments(2) | -
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 07:57 | - | -
      いつも読んでいますがコメント初です。
      ショップではお世話になってます。

      日本だとフランスの人って個性を重んじると言われているので、
      見かけソックリ着てるものソックリというのに驚きました。
      日本も似たようなものですけど(日本の方がより度合が強い気がします)。
      その年代って国を問わず皆と同じじゃないと不安なのでしょうか。
      | タド | 2013/04/15 10:42 PM |

      タド様

      初コメントありがとうございます。
      なんか、独り言日記になっていたので、
      コメント嬉しいです!
      そうですね〜、やっぱり一緒にいると
      似ているのは当たり前だと思うのですが、
      全体的に見ると、ジャポンもおフランスも変わらないのかも知れませんね。。
      ただ、隣りの芝が青く見えるだけであって。
      年代もあるかも知れません!
      何となく、上辺だけ感が凄い気がしたので。
      あと、自分の皮肉もかなり感情もかなり入っています!!!!テヘ。
      | rietarm | 2013/04/15 11:36 PM |










       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>

      このページの先頭へ