.FR a l'epoqueのどーでもよさげな話し。

フランス『アンティーク』『ヴィンテージ』オンライン蚤の市。
.FR a l'epoque (ポワン エフエール ア レポックのブログ
<< 期間限定国内発送のお知らせ。2016年9月編 | main | 改めまして、8月27日以降〜9月の営業予定。 >>
壊れ時期 音周り覚え書き 追記あり
0

    JUGEMテーマ:ネットショップ


    人生には、一気にモノが次々と壊れる壊れ時期と言うのものがある。
    特に電化製品がそうだ。

    しかし、電化製品だけに留まらず、あらゆるモノが常に壊れ時期な自分。

    昨日、今迄愛用していたAIR mac express が壊れターーー!
    かれこれ10年以上も前のものなので、apple製品にしては、かなりのご長寿だったと思う。
    ここ数年もどっかで、そろそろ変え時だよな〜〜
    とは思っていた。
    そもそも、もう古過ぎて,商品名さえも違うきがする。air mac expressなんてない気がする!airplayとか、airstationとかそんなではないか?!

    これを買った時には、まだネット回線も有線で、ADSLもやっと出回って来たときだったので、
    どーしてもパソの近くに、スピーカーを置きたくなくって、無線にする為に色々と考えた結果、、
    せっまいせっまい部屋にも関わらず、部屋のなかで自分wifiを始めたのがきっかけ。

    その後、ドンドンモノは進化していって、あっという間に、ネット回線もfibreとかになり、box自身がwifiを飛ばすようになったので、
    その内、せっまいちっちゃい部屋で自分wifiが2つもある状態になっていた。

    しかーし、それでも、ヤツの役目はまだあったのだ!
    そう、スピーカーを無線で繋ぐという、お役目だ!

    と言う事で、同じ時期にかったboseのスピーカーをair mac express(以下ヤツに省略)につなぎ、パソから音をつないでいた。。

    がああああ!

    ヤツが壊れた今、ネット回線には問題ないが、音が飛ばせなくなった。
    コレは、これは困った。
    テンションを上げるためには、音楽が必要。
    パソからの、ぼそぼそ小声かよ!みたいな音では耐えられん。

    とうことで、早速boseのbleutoothで繋げるスピーカーを買いに走る!

    wifi経由の方が音がいいらしいが、んなソムリエみたいな耳は持ち合わせていないので、bleutoothでいいや。


    と言うわけで、Amazonとかでちょっとだけ安いのがあっても、1日も待っていられない自分。
    (何故か、フランスは、そこまで価格競争がないのか、どこもそんなに変わらない気がするし)

    接続はいたって簡単、パソで認識したコイツを選ぶだけ。

    で、音をならすと、、、、

    うーーーーーーん、いろんなサイトで言われている程、音がいいとは思えない。
    10年前の有線モデルの方がいい気はするんだけど。

    まあ、外にも持ち歩けるminiサイズだからな。
    そんなもんなのかな。

    でも納得いかん自分は、パソの方のイコライザーをいじってみたら、ちょっと納得できる感じになった。

    いつかデッカい家に住んだら、YAMAHAとかの壁からの反響も楽しめるヤツがほしいい。





    って、ことは yamaha 永遠に。。だな。

    コイツは、スマホとかタブレットとも気軽に繋げられるので、すっごい手軽だと思う。

    そして、今気がついたけど、itunesの音楽だけでなく、youtubeとか動画とか、全ての音がスピーカーで流れるようになるー。
    最終的にはおススメ。

     

    ここから追記 28日

    上記のことをして、次の日に早速つながらない事件が勃発。

    色々いじった結果、mac上ではペアリングをしているが、boseの方が勝手に電源が切れているといことがわかった。

     

    あえて、触らず電源を入れっぱなしにしていたというのに。。

     

    そもそも、このシリーズは、自動電源オフモードというのがデフォルトであるらしい。

    それを解除すればオK。bleutoothボタンと+ボタンを長押しで解除。

     

    そのまた1週間後あたりに、またつながらなくなるという事件、再勃発。

     

    今度は、macの調子が末期状態っぽく悪かったので、一気にOSを最新までアップグレードすることを決心し、

    それに2日ぐらい掛かりっきりになっていた。

    osが変わったせいかも、と思い、一度ペアリングを解除し、再設定をした。

    一度はそれで解決。

     

    その後、わざわざmac立ち上げ時に、毎回自分でbleutooth接続の作業をしなくて良くなっていることに気づく。

    立ち上げたら、勝手に接続されていた。(本来そうやって動くものだと思っていたが、osが古い時はそうじゃなかった)

    それに慣れた頃、macとboseが両方が、探しあってて両方認識せず、事態が。

     

    もう、いい加減にしろよ!!

     

    と思うが、根気よく原因を探す。

     

    メニューバーのbleutoothボタンから、プルダウンで「デバイス上のファイルをブラウズ」という項目から

    入ると、シルテム環境設定でも認識しなかったものが、やけにあっさり認識するようになった。

     

    なんだかわからんが、調子がよくなったので

    よかったよかった。

     

    ただ、boseを音声オンにしているので

    macの電源を切った後、少し経ってから、暗い部屋から

     

    「リエノ コンピューター トノ セツゾクガセツダンサレマシタ ペアリング ガ デキマス」

     

    といきなり話し出すので、怖い。。

     

    さらに5分ぐらい経つと、

     

    「ペアリング デキル デバイスガ ミツカリマセン」

     

    みたいなことを、いきなり喋るので、やっぱりビビる。

     

    以上追記。


     7870番

     7872番

     7882番

    この7882番で、ちょっと新商品upはお休みに入ります。

    この次は、9月20日〜再開です。

    それでは、それでは、







     

    | rietarm | 音楽すきっこ | 02:14 | comments(0) | -
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 02:14 | - | -









         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      このページの先頭へ