.FR a l'epoqueのどーでもよさげな話し。

フランス『アンティーク』『ヴィンテージ』オンライン蚤の市。
.FR a l'epoque (ポワン エフエール ア レポックのブログ
<< それでも俺は行く! | main | 年末期間限定国内発送のお知らせ。平成最後2018年版 >>
デモ拡大
0

    JUGEMテーマ:ネットショップ

     

    ♫なーにがあったか覚えてないの、右手にハンマー握りしめ〜〜〜〜♫

     

    ちょっと前に、インスタグラムのストーリーにも載せていたのですが、

    ただ今、パリで問題になっている「gilets jasunes」どんどん拡大していて、

    この写真の日は、パリの中央はどこもデモが起こっていました。

     

    そして、自分がいたのは、その中でも中央中の中央の、警察と「gilets jasunes」の最前列。

    そこを横切る自分。。。

    横切ったすぐ後に、催涙ガスらしきモクモクのやつが投げ込まれて、

    目いたいたの涙止まらずで、急いで離れたけど、

    結構離れても、また違うところで同じように盛り上がっていたり、で事の大きさを実感。

     

    よくわからないが、ガスの値上がり、taxの値上がり、などから始まり、今では今の政治についてなど、なんでもありになって来ているらしい。

    多くのフランス人が賛同していて、デモ集会があった日は、300ミリオン(ん?億かしら?単位がわからなくなる、1ミリオンは100万だから。。。)スーパーとかの売り上げが下がったらしい。

     

    ボケ〜と生きている自分には、ちょっとついていけないことがあるが、やっぱりエネルギーを感じる。

    確かに、常にすごい額の請求とか、気がついたら引かれてたり、、とシンドイ生活だけど、それでも、「ひぃぃ〜〜〜」って思ってただけで、どっかちょーがないか。って思ったりする。

    きっとみんなもそうだったけど、ある時突然「もう、我慢ならねーーー」って誰かが立ち上がると、それを感じていた人がばばば〜って賛同するんだロー。

    外からみて、感じている自分が言うことではないが、こうやって国が作られてるのね。少なくとも、納得いかないことを声に出して政治に参加しているところは、「生きてる!」って感じがする。

     

     

     

    | rietarm | 出来事 | 01:42 | comments(0) | -
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 01:42 | - | -









            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      このページの先頭へ